30代の男力向上委員会

2つの投資でココロを豊かに。オカネとカラダに投資する実践記録です。オカネの投資先は投資信託、株式投資型クラウドファンディング、暗号通貨に。カラダの投資はトライアスロンやトレーニング、メンテナンスをメインに 男力を上げるために綴ります。

COMSAのマイニング事業に関連するICO(Looop、クリプトマイニングジャパン)

久しぶりにCOMSAの情報が更新されました。11/02に発表されたマイニング事業基盤となる業務提携とICOについて、継続検討しているというものでしたが、要は延期…。



マイニング事業の業務提携とICO

2017/11/02に、テックビューロ株式会社と株式会社Looopと株式会社クリプトマイニングジャパン(CMJ)3社のリソースとノウハウを融合し、世界に通用する高収益性のマイニング事業を実現として、仮想通貨採掘事業に関する業務提携とICOの実施計画を発表されました。

が…

3社間協議によりこの実施時期を再検討するという方針に変更されました。

BTCが90万円台に入り、引きずられてアルトコインも総下げの状況…仮想通貨市場を眺めた判断ともいえそうですね。今回延期となった案件の概要を振り返っておきたいと思います。

業務提携内容

ひとことでいうとマイニング事業の業務提携に関するICOです。

  • テックビューロ = 取引所
  • Looop = 電力供給
  • CMJ = 仮想通貨マイニング(採掘)

3社のノウハウを持ち寄り、収益性の面でも国際的競争力を有したマイニング事業に関する業務提携を実施。また、LooopとCMJはテックビューロのCOMSAソリューションを用いたICOの実施計画を発表しました。

REGAINのようなマイニング事業を行う為のICOとは異なり、あくまでも2社のICOとして計画されているようですが、記載されている3社の業務提携の背景は面白いものです。

個人的にはマイニング事業に対してのICOを期待してますが…。

ビットコインを始めとする仮想通貨のマイニング(採掘)事業は、比較的電力が安いとされる中国など、日本国外が圧倒的に有利とされます。

しかしながら、マイニングのノウハウ、機材の確保、安定した安価な電力供給の条件が揃えば、それら諸外国と同等もしくはそれ以上の収益性を実現することも不可能ではありません。

この度は、テックビューロが仮想通貨の取引所を、Looopが安定した安価な電力を、そしてCMJが効率の高いマイニング機材とノウハウを持ち寄って事業提携することにより、国際的にも競争力を有したマイニング関連事業を開始し、同時にビットコインネットワークの安定化にも貢献します。

安定した安価な電力
太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーを得意とするLooopが、太陽光発電のノウハウや余剰電力を活用し、一般的に流通している電気代の価格を大きく下回る価格で本事業に対し電力を供給します。

独自の高効率マイニング環境
マイニング技術を有するCMJは、高いモビリティと採掘効率を実現した独自設計のマイニング専用コンテナの他、それを活用したクラウドマイニングサービスやマイニングプールを提供します。

また、CMJの各コンテナ上にLooopの太陽光発電施設を設置することにより、面積あたりにおける防熱と発電、マイニングの効率を同時に向上します。

そして今回、継続検討となっているのが2社のICOです。

LooopのICO計画

発電事業とマイニング事業の拡大を目的として、2017年12月から2018年2月までのいずれかの時点の実施を目標として、ICOの具体的な実施計画を検討しております。
⇒延期

CMJのICO計画

国際的にも展開可能な、マイニングコンテナの開発販売とマイニングプールの提供、クラウドマイニングサービスの提供を目的として、2017年12月もしくは2018年1月にICOを実施いたします。
⇒延期

マイニング事業に関する業務提携のICOということですが、期待するのは3社業務提携によるマイニング事業自体に対するICOです。

わたしも参加しているREGAINのICOを思い出してしまいます。
REGAINの登録はコチラ

マイニングには報酬が発生しますから、実現すればおそらくCMSトークンが得られるなどの見返りが期待できるのではないかと妄想してしまいます。

屋台骨であるテックビューロも絡むため、実現すれば面白いプロジェクトになると思いますが、そこはテックビューロ社のみで資金調達してしまうのかもしれませんね。。