30代の男力向上委員会

2つの投資でココロを豊かに。お金と身体に投資する実践記録です

FUNDINNOに続き株式投資型クラウドファンディング 「GoAngel」(ご縁ジェル)に会員登録してみた

現在、FinTechを活用したサービスが次々に展開されています。この流れにうまくのれれば、着実に利益を積み上げられるのではないかと妄想しています。


この初物投資法(仮称)を確立しようと試みているわけですが、闇雲に投資案件に手を出してる感は否めません^^;まぁ、趣味の一環として投資を楽しんでいきたいと考えてます。

さて、初物投資法(仮称)を実現するためには新規サービスへの登録が必須です。

「GoAngel」(ご縁ジェル)の会員登録

日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのFUNDINNOに続き、2017/09/05に開設されたのは「GoAngel」(ご縁ジェル)です。

株式投資型クラウドファンディングサービスを探していた時に見つけてネーミングが好みではなかったのですが、会員登録してみました。

「GoAngel」(ご縁ジェル)もFUNDINNO同様に投資家審査があります。FUNDINNOでは審査落ちされた方も多いようですが、ポイントは応援・支援の観点で申込んでいるかどうかのようですね。

「GoAngel」(ご縁ジェル)を利用するまでのステップ

2017/09/13には株式の募集が開始されるようです。投資家申請結果は10日後とのことなので、承認がおりて且つ第1号案件がタレメンの感性にあうようであれば参戦予定です。

「GoAngel」(ご縁ジェル)に会員登録した理由

ネーミングから嘘くさいとは思ってしまったものの、代表取締役の出縄氏は、現日本クラウド証券の前身である、ディー・ブレイン証券を創業された方です。

2010年にディー・ブレイン証券の代表取締役を退任されていますが、その時の出縄社長のブログにはこのような夢が語られています。

夢は全国の中小企業の10%にあたる20万社に株式発行による資金調達を広げること。中小企業が借入金依存体質から脱却して純資産比率を高め成長するための体力をつけることで日本経済を力強く再生させたい

このように語り、DANベンチャーキャピタル株式会社を設立されているとなると、公開されていく案件にも期待せざるを得ませんね。

また、ご退任後はあまり関係ないのかもしれませんが、ディー・ブレイン証券はみどり証券に社名変更、2013年2月には、現日本クラウド証券株式会社の経営陣が、みどり証券株式会社に対して株式公開買い付けを実施し、日本クラウド証券株式会社に商号変更しています。

日本クラウド証券といえば、日本初の第一種金融商品取引業者として投資型クラウドファンディング事業に取り組んだ証券会社です。クラウドバンクを展開している企業ですね。

ディー・ブレイン証券会社時代に会社を盛り立てていた方達で新しいことをチャレンジしている姿にも好感を持てました。(内情はわかりませんが…)

また、DANベンチャーキャピタルのサイトでは、顔付きでメッセージが綴られています。これ、本当に投資する上での一つのポイントだと感じています。あのひふみ投信のレオスキャピタルワークスももちろん顔出しです!

その他の株式投資型クラウドファンディングについて

その他準備中のサービスとしてはエメラダがあります。こちらも事前登録が可能です。登録完了メールすら届きませんが…^^;
emeradaco.com

ユニバーサルバンクは事前登録はまだですね。
www.universalbank.co.jp

初物投資法(仮称)を実践するために、各社動向と各サービス展開に注力していこうと思います!

(追記)
記事を投稿して間も無く、投資家審査に通った旨連絡をいただきました。