30代の男力向上委員会

2つの投資でココロを豊かに。お金と身体に投資する実践記録です

【ICO】日本初のICO案件 COMSAに事前登録してみた

08/03(木)付の日経新聞に「仮想通貨で資金調達 テックビューロが支援サービス」という記事がありました。また仮想通貨か…バブル崩壊コワイ…と思って読み飛ばしてましたが、すこし気になったので調べてみました。



COMSAとはなにか

「COMSA」は、「Computer」の「Com」と日本語の「鎖(さ)」とを組み合わせた造語である と記載されていますが…よくわかりませんね^^;

COMSAを運営するテックビューロ株式会社は、仮想通貨取引所「Zaif」を運営しています。このテックビューロが今後のICO需要を見込み日本初のICOソリューション/プラットフォームを構築しようとしています。

日本経済新聞でもCOMSAについて取り上げていました。

企業が独自に発行する仮想通貨をネットを通じて個人などの不特定多数に販売できる仕組み


このCOMSA、リリース当日だけで1,200人が登録しているんです。タレメンが登録した08/31(木) 06:19時点では75,949人が登録しています。COMSAトークンが買えるようになるのは再来月10/02(月)です。

超有名なクラウドファンディングサイトであるCAMPFIREもCOMSAを使ってICOする予定です。

興味を持たれた方は、メールアドレスだけなので登録してみてください。
COMSAの事前登録はコチラ

ICO(新規仮想通貨公開)とはなにか

ICOはIPOに似てますよね。なにやら美味しそうな香りがします( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

IPOとも似ているが…IPOおさらい

IPOとは、Initial Public Offeringの略で、日本語では「新規公開株」とか「新規上場株式」と呼ばれています。非上場企業の株は未公開株といわれ自由に株式を売買することはできません。その未公開株を新たに(Initial)株式を証券取引所に上場・公開することです(Public)。これにより投資家が自由に株式を購入(Offering)できるようになり、企業は資金調達することができます。IPOについてはご存知の方も多いですよね。

未公開株が公開されて一般的に購入できるようになるので、ほとんどの場合は公募価格よりも高値を付けます。IPO投資法のメリットはこの公募価格と初値の差額益を狙った投資法です。

…ちなみにタレメンは16戦61申込全敗です。

ではICOとは…

ICOとは、Initial Coin Offeringの略で、日本語では「新規仮想通貨公開」と呼ばれています。新たに(Initial)仮想通貨(正式には暗号通貨)(Coin)を発行し、それを世界中の投資家に向けて販売する(Offering)ことで資金調達を行うものです。

企業にとってのICOのメリットは資金調達コストの安さと速さでしょうか。企業は証券会社などを介さず資金を調達でき、配当や金利を支払う必要もありません。厳重な審査も不要なので短期調達が可能となります。

トークンとは

仮想通貨やICOに興味をもつと良く出会うワードは「ブロックチェーン」ですね。ブロックチェーンによって(詳しい技術はよくわかりませんが)仮想通貨(暗号通貨)の肝になる仕組みで、インターネット(P2Pネットワーク)上でお金を保持できるようになったんですね。

そしてトークンもよく出会うワードです。トークンとは仮想通貨の世界では「代用貨幣」と訳されることが多そうです。ゲームセンターで遊ぶと100円で10枚のコインに変えられたりするアレですね。広義では仮想通貨(暗号通貨)=トークンと捉えてよさそうです。



よくわからないICOのメリット

投資家へのメリットはIPO同様、値上がり益ですね。優良な企業に対して初期投資ができれば、その企業価値の向上とともに大きな利益を得ることが可能です。また、発行企業が提供する商品やサービスの購入が可能ということでしょうか。

よくわからないICOのデメリット

かなーりふわっとした情報しか得られない状態なので、価値のある仮想通過発掘が難しいといえます。
また、整っていないといわれる法整備が大きな問題のようです。そして仮想通貨バブルがいつ崩壊するか…。

COMSAのICOのデメリット

トークンセール終了後、価値は半減する。ナンノコッチャですが詳しく書かれていますので参考にしてみてください。

〆COMSAの〆

日本初のICOプラットフォームであるCOMSA。危うさも感じますが、資金調達の軽減は企業にとってとても魅力的だと感じますので、タレメンは参加したいと思います。もちろん、初ものにリスクはつきものですがFUNDINNOに続き初物利益を狙って購入したいと思います。

クラウドファンディングに投資している資金が償還予定なので、100万円前後投入してみたいと思います。
COMSAの事前登録はコチラ