30代の男力向上委員会

2つの投資でココロを豊かに。オカネとカラダに投資する実践記録です

トライアスロン タテトラ2017 天候に負けず過去の自分に打ち勝てたのか?!

昨日は2年ぶりにタテトラ(tate-tra51.5 第8回館山わかしおトライアスロン大会)に参加してきました。館山は朝から土砂降りだったので携帯は車内に置いていってしまったので雰囲気をお伝えする写真がありません(そもそも沖ノ島/海上自衛隊館山航空基地で行われるため撮影禁止となってます)これは、来年の自分のための回顧録です。



タテトラレース前日

レース前日はレンタカー(ボンゴ)を借りて、館山のレース説明会会場を目指します。13:00に都内を出て同僚をピックアップ。ロードバイク3台を無造作に詰め込み、館山 南総文化ホールへ。18時の会の競技説明会へ参加しました。
競技説明会にスムースに参加するためのポイントは、ヘルメットのアゴ紐です。緩めにしているとマーシャルに止められてしまいます(混んでいる会だと、参加者から冷たい視線を受けるかもしれないので、事前に締めておいてくださいね)

恒例のウクレレ漫談と競技説明を受けたら宿へ向けて出発です。今年は館山駅前のホテルは取れなかったのでペンションへ。19時過ぎの遅めのチェックインになりましたが美味しい料理で迎えてくれました。家族風呂で一汗流し、350ml缶ビール1本の決起会を済ませて22:30に眠りにつきました。

朝目覚めるとバラバラと雨音…。トレーニング不足の上で雨とか…ますます下がるテンション。買っておいた朝食を詰め込み、トライスーツを着込み、ボディナンバーシールを腕に貼って大会参加者の駐車場へ。雨の中バイクを組み立て、空気圧を調整し、ナンバープレートへバイクのナンバーシールを貼ろうと思いましたが雨に濡れて剥がせない状態に…。

レース前

会場へ到着すると、全レースのスタート時間を1時間遅らせるアナウンス。駐車場からバイクセットまででズブ濡れの身体はとても冷え切りました。一応、雨宿りするためのテントはありますが、レース参加者を収容できる大きさとはなっていません。3人なので大きなテントは不要と思い持ってきておらず、、備えの反省点だと思います。あまりに寒くてすぐにウェットスーツを着込みました。

可もなく不可もないスイム

トライアスロン51.5では初と言われる、ローリングスタートを経験しました。10人一列に並び10秒間隔でスタートすることで、スイム時のバトルを減らすことを目的にしているとのこと。バトルになるのはスタート時と沖の三角ブイ付近ですね。確かに他の参加者との接触は少なかったように思います。しかしレース時は干潮まで1時間ということもあり、かなりの遠浅状態。100m近くは海を走ってるんじゃないかと。これがまた辛い。数10m走って海底を蹴りながらバタフライで進むのが定石だと思いますが、ひたすら腿上げダッシュをしなければならず、これだけで息が上がります。さすがに2週目は歩きました^^;
さて、沖というか三角ブイあたりは水深も深くなりますが、うねりがひどく波のくる右呼吸はできない状態でした。泳力がない方はキツかったと思います…。スイムはトレーニング不足以外の反省点は特にないですが、海ランのコツを学んでおこうかな。波に負けないようにスキップしてる方が結構いました。また、気が焦ったのかGARMIN ForeAthlete 935のスタートが押せておらず、スイムタイムがわかりませんでしたので、リザルト待ちです。
www.youtube.com

思ったよりも回せたバイク

スイムを終えてセパレートのウェットスーツを脱ぎながらトランジットエリアへ。ここでのミスはGARMIN ForeAthlete 935をバイクマウントへ装着するタイミングです。何も考えずウェットスーツの下を脱いでヘルメットを被ってサングラスをつけた後に、腕から外してバイクへ装着してたのですがバイクに乗りながらでよかったなと。あとはバイクへの飛び乗りに失敗…。コケはしませんでしたがフラついてしまいました。ペダルに足をかけてから乗ればよかったと反省してます、、でもウェットな路面且つ自分の遅さも認識しているので、コーナーは減速し過ぎな感じで周回を重ねましたが、30km/h平均は出せていたので少しだけ満足しています。でもやっぱり課題はバイクにありますね。今週末から必ず大井埠頭で朝トレしたいと思います。

ダメ駄目なラン

走っていて全然楽しくないランでした。バイクで売り切れているというわけでもないですが脚が回らず…。エネルギー切れだった気もします(バイクでの補給、ラン前の補給なし)最初の1kmが4'20だったので、これで維持できれば満足いくと思いましたが、思ったより足のダメージを感じペースダウン。4'30、4'40と下げてもペースが一向に落ち着かず、5'00を超える場面も…。ボランティアの子供達を喜ばせてあげようと水をかけてもらうこともシンドイ状況となりました。それでもなんとか歩かずにゴール。

そうそう、あまりに走れなくて忘れてましたが、外反拇趾防止用サポーターによる靴擦れ防止策は効果ありました。走りきった後、踵の靴擦れはありましたが、ワセリンで防げそうなレベルです。オススメはしません(^^;

タテトラ2017〆

リザルトがまだわかっていませんが、2時間半は切れたようです。初のトライアスロンは2015年のタテトラですが、昨年からのトレーニング不足の状態(筋トレは多少してます)で同等のパフォーマンスが出ているのであれば、それはそれで満足いく結果と言えそうです。カラダを動かすことを楽しめていない、ダメな自分を見つめることができました。このタテトラ2017をベンチマークにキサトラ、来年のタテトラに臨みたいと思います!
triathlon-lumina.com

ランキングに参加してます。共にトライアスリートへ!

トライアスロンランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村